スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新ホームページのオープン近し!

 遂にホームページが完成しました。
 今日か明日にアップされることになります!
 
 作文、小論文講座の小西先生も、こんなに良くなるとは思っていなかったと言ってられたので、やっぱりよくなったんじゃないかと思います。
 まあ、95パーセントは参謀の入れ込みによります。あとの5パーセントぐらいは私も頑張りました。
 
 一応、10月1日から当ブログもホームページのブログに移転する予定です。
 新ブログの投稿マニュアルももらったので、きっとすぐにできるはずです。(ちらっとしか見てないので、ひょっとしたら難しいかも …)
 
 さて、全日本が近いようです。
 中井さんも最後の調整をしているようで、明日は一緒に練習することになりました。
 「本気モードで行くので、痛めつけられて、もうテニスやめる~ってなことにならないように、覚悟しておいてください」
ですって。
 失礼な。

 
スポンサーサイト

努力したことを形にすべし

 予備校講師だった頃、親しくしていたT先生が
 「努力したことを形にしないといけない」
と何度も言っていました。

 当時私は大学院を受験するために頑張っていたのですが、同時に予備校の仕事に加えてz会の仕事が増え、さらに立ち上げた稲荷塾がうまく回るようにと悪戦苦闘していたのです。初めは楽観的だった私も徐々に押され始め、家庭では下の子が生まれ、それもあって、フリーで勉強に打ち込める環境にある子たちに勝てないと感じるようになりました。
 しかしT先生はあきらめるなと言ったわけです。

 T先生自身、京大でドクターまで取っており、その専門のマイナー性により結局は大学の先生になれなかったわけですが、それでも、いわゆる学者でした。
 T先生に励まされ、私としては粘りましたが、遂に、無理だと判断するときが来ました。
 しかし、大学院進学はあきらめても、T先生の言葉はその後も私の心の内に残り続けました。

 今つくづくと思うのは、本を出せてよかったということです。
 
 みなさん、おそらく読者の多くが私と同じ一般人だと思いますが、そういう人にとって本を出すということがどれほど難しいかご存知ですか?
 「今は名刺代わりに自分が書いた本を手渡す時代だ」などという説明に影響されて、たくさんの出版社にアタックしてみた私は知っています。
 その成功確率は限りなくゼロに近いです。
 出版社にはひっきりなしに原稿や企画書が届けられますが、そのほとんどがゴミ扱いされ、約3000に1つぐらいが拾い上げられるそうです。
 だから、「頭のいい子には中学受験をさせるな」の原稿に対して「1章はいい。でもその後が良くない。1章のレベルで最後まで通せるか?」とメディアイランドの千葉さんから返信があったとき、それが、原稿をほとんど一から書き直せという意味だと知りつつ、「できます」と即答し、必死に食いつきました。
 頑張った甲斐はありました。
 この本が出たことが「稲荷の独習数学」の出版につながりました。
 
 努力したことが形にできて、本当に嬉しいです。
 T先生、ありがとう!
 



鬼の中村氏

13901428_989294044522377_2109193793613245345_n.jpg

 う~ん、

 残念。

 また負けてしまいました。
 その前の三菱の中村さんとの試合が長く、2-5 から 7-5 で逆転して勝ったのですが、そこで頑張り過ぎて足に痙攣が来てしまいました。
 ゲームの後、もう動くのもつらい状況でしたが、…

 「まだ練習やるやろ?」

 ですって!
 この人について行くのは本当に大変です!
 
 しかし、もちろん、やるよ、と答えました。
 写真は練習後のものです。
 多少ひきつっていますねぇ …。

河原林さん

 今年の将棋アマ名人戦京都府予選では河原林さんが準優勝し、代表権を獲得しました。
 河原林さんは私より一つ年上で、私が高3のとき浪人していました。
 当時私は奨励会員で、神崎ぼうず(現神崎健二七段)と灘道場でよく徹夜将棋をしていました。
 そこに河原林さんもバイクでやって来て、一緒に将棋を指しました。
 正直言って、この人は永遠に大学には受からないだろうと思っていました。

 ところが、

 一浪後、受かったんですねぇ!
 京都工芸繊維大学に受かったのです。
 まあ、ちょっとびっくりしました。
 その後私は将棋をやめてしまったので、細かいことは分かりませんが、河原林さんは大学在学中に将棋の全国タイトルを取っているはずです。王座戦かなんかだったと思います。
 
 その河原林さんが今日今から遊びに来ると言うので、いろんなことを思い出しました。

 この頃は、我々の年代で将棋で勝つのが難しくなりました。

 一つはアマチュアのレベルが上がったのです。
 ネットで情報が公開されるので、将棋連盟に行かなくても研究できるようになりました。それにネットでアマプロの垣根を越えて対局できるので、いくら強くなっても、相応の相手と練習できるようになったからです。さらにコンピューターソフトもレベルを上げ、十分過ぎるほどの相手になっています。

 もう一つは立命館大学です。
 私が京大に在学していた当時は京大か東大が強かったです。
 ときおり早稲田がそこに割って入ることもありましたが、基本的に京大か東大です。京大には当時、学生名人が3人か4人いましたし、アマ名人(菊田君)までいました。まあ、他を圧倒していました。
 ところが、立命館が自己推薦などという制度を作ったのです。
 これを利用して立命館に入って来た走りが、鰐淵君です。彼は高校生チャンピオンとして超有名な選手だったし、当然早稲田に行くものだと思っていたのに立命館に来たのです。聞いてみると、早稲田は評定が要るから入れなかったのだそうです。
 これを機に、立命館に全国レベルの強豪が集まるようになりました。
 いまではもう、まるでプロ集団のようになっており、普通のアマチュアでは歯が立たなくなってしまったのです。
 だから、河原林さんが決勝まで残って京都の代表になったということは、すごいことなのです。

 まだまだ、できる!

 これは将棋だけでなく、他の分野でも同じことで、河原林さんは我々熟年世代の希望の星になったのです!
 
 よしっ、いっちょ私も頑張るか!

西田師匠

 今日は午後から三菱でテニスなので、朝から出掛けて来て採点、成績表作り、テキストの解答のTEX打ちをしています。
 このところなんやかんやと忙しく、テキストの解答のTEX打ちが遅れ気味なので、少しでも頑張っておこうとしているのです。
 まあ、そういうことで気持ちが仕事に行っていて、どうもテニスで勝とうという意識が薄くなり、それも仕方がないかなと思い始めていました。

 ところが、

 29日の枚方の大会のドローが発表されて、急に燃えて来ました。
 勝ち進んで行けば西田さんと当たるのです。
 西田さんは京都のテニス界では有名な人で、35才のときに全日本ベテランでベスト8に入り、ランキングも7位まで行った人です。
 草大会での優勝は数えきれないぐらいあります。
 私から見れば、ずっと雲の上の存在だったのですが、次第に接近し、遂に昨年1度勝ちました。
 ひょっとして追いついたか、と思いましたが錯覚でした。そのあと2回連続できっちりやられてしまいました。
 でも、絶対に勝てないわけではないというところまで来たと思うので、燃えるのです。

 どう闘うべきか?

 いや~ぁ、

 久し振りですねぇ!
 作戦が頭を駆け巡り、興奮してきます!

 ところで、西田さんは格好を気にしない人です。
 あるとき紫色のパンツを履いてきて、安かったんですわぁ、なんて言っていました。
 正直言ってむっちゃかっこ悪かったです。
 しかし西田さんが履くと何かこう、威厳があるというか …、いやそんなことはありません。やっぱりかっこ悪かったです。
 それからテニスをするときに軍手をはめてプレーします。
 グリップテープだと夏にたくさん汗をかくと滑ることがあるのです。そして冬だと、手がかさかさになってひび割れたりします。
 それでいろいろ試した結果、軍手がいいということになったのです。
 グリップテープを買うよりずっと安いですし …。
 ところがこれには重大な欠点があります。

 かっこ悪いのです。

 しかししかし、西田さんは気にしません。

 いや~ぁ、

 本当に面白い人です!
 
 えっ?
 
 稲荷さんも軍手をはめてるってか?!

 そうなんです。
 私も軍手をはめてテニスをします。
 西田師匠に、
 「稲荷さん、格好は気にしいひんやろ」
 と言われ、軍手の効能の説明を受けたのです。
 西田さんを尊敬している人はいっぱいいますが、軍手まで真似している人は私しかいません。

 いや~ぁ、

 本当に私って格好を気にしてないんでしょうか?!
  
プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。