FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やり方より関係性

 今日は三菱での練習のはずでしたが、行ってみると仲間は誰もおらず、私が勘違いしていたことが判明しました。

 ガ~ン!

 仕方がないので、仕事をします。
 
 ところで、今日の午前中はお客さんがありました。
 「頭のいい子には中学受験をさせるな」を読んで、小学生のうちに中学数学までやってしまうという稲荷塾方式を試してみようと考えている家庭でした。
 稲荷塾に通うにはちょっと遠いので、家庭で取り組んでくださいとメールに返信したところ、一度話を聞きたいということになったのです。

 こういう問い合わせのメールはときどきあります。

 教材はどんなものを選べばよいのかとか、どの程度理解して次に進めばよいのかとか、それに関連して、ドリルはどのぐらいすればいいのかといったような内容が多いです。
 しかし、このどれに対しても決まった方法はありません。
 だから、無理をしないでとか、子どもが楽しいと感じられる範囲でといったような当たり障りのない返事しかできないのです。
 実際、子供の性格や能力によってやり方は大きく変わるので、子どもの様子を見ながら、量も質も加減して行く必要があり、それを親自身が楽しんでください、というのが私の主張です。

 進め方や教え方よりも関係性の方が重要です。

 たとえば、子供の将来のためにお母さんが子供に算数を教えると決めたとしましょう。
 子供自身はそのことに関心があるでしょうか?

 普通はないですよね。

 ですから、まず、お母さんが考えていることを子供に伝えないといけないわけです。
 この場合、子供も納得して、じゃあやろう! となるのは簡単なことではありません。
 
 結局、子どもの成長の問題のように見えて、実は親の成長の問題だったのです。

 私は、子供の成長に関われて、本当に幸せでした。
 この豊かさを多くの方々にも体験してほしいと願っています。
 決してうまくこなしてほしいと願っているわけではありません。
 うまくやっていても、子供の目はもっと違うものを見ています。
 お父さん、お母さんの会話も重要です。それが子供の心に沁みて行きます。決してごまかしは効きません。
 
 今日来られた家庭はいい感じの家庭でした。
 お父さんもお母さんも、柔らかく子供に対していました。
 それに、お父さんもお母さんも京大の医学部出身のお医者さんでした。ちょっと驚きましたねぇ … 。

 であ、仕事に行って来ます。

 
 
スポンサーサイト

農場体験

 小学生部の連絡帳に、お子さんが夏休みに北海道の農場体験に行った話が書いてありました。
 いっぱいあった野菜嫌いが、完全に治ったそうです。
 すごいですねぇ!

 我が家でも子供たちが北海道旅行をして来て、昨晩帰って来ました。
 やっぱり農場体験をしてきたようです。
 牛の乳しぼりをしたり、できたてのバターを食べたりしたようです。
 お土産はこれです。


14202690_1014964728621975_4110592677028521464_n.jpg

 まあ、おいしかったです。

魅力的な人になろう!

 昨日は数IIIの解答に図やグラフを入れて、遂に完成しました。

 イエ~ィ!

 ところがそうしているうちに、休んだ授業の振り替えにやってきた子が5人もいて、忙しい1日でした。

 月曜日にこうした振り替え授業をする場合は、1階教室を使い、個別で行います。
 そうすると、授業でみんなの前に立ってしゃべっているときとはまた違った面が見えて、いろんなことを考えさせられました。

 まず、ユークリッドの互除法の説明を「稲荷の独習数学」で読むようにと指示し、読み終わったら、不明な点はないかと尋ねます。
 すると、みんな、分かったと答えました。
 じゃあ、その証明を本を見ずに書いてみ。
 と要求すると、一様ににたっと笑います。
 誰一人としてすらすらと書ける子はいないのです。
 
 「分かった」と思うレベルがどれだけ低いかを知るべきです。
 そんな勉強を続けていては、いつまで経ってもできるようにはなりません。

 これが第一のレッスンです。

 しかし、もう一つ気になることがあって考えさせられました。
 
 字を書いていてシャープペンの芯が折れることがありますよね?
 その折れた芯をパッパッと払う子がいるわけです。
 消しゴムのカスもそうです。
 
 そういうのを見ると、正直言って頭にきます。
 「おい、誰がそうじするねん!」
 多分、自分の家ではそんなことはしないはずです。
 これまた、にたっと笑って、しまったと感じていることを伝えて来ます。
 
 まあ、そうしながら、人の気持ちが分かったり、まわりに心を配ることができたりしていくようになるのです。

 これが第二のレッスンです。

 しかししかし、じゃあ、そういう細かいことがきちっとできれば、それでいい子なんだろうか? と思ったわけです。
 こういうことは躾に属することで、もちろんできるようにならないとダメです。
 でも、そういうことに関してはしっかりしていても、それは単に人に突っつかれないようになっただけで、人に応援される魅力的な人になったわけではありません。
 
 生徒諸君には魅力的な人に育ってほしいです。
 
 何かに一生懸命に取り組みつつ、それでいてまわりを見る余裕がある子。
 人に共感できる心をもった子。
 …
 うまく言葉にできませんが、何かプラスアルファーの重要なことがあるように感じるのです。

ガット張り

 熱いものを飲むとき、ふーふーしますよね?
 それで熱いものの温度が一部的にでも下がるとは思えないのに、効果がありますよね?
 そこでふと思ったのですが、ふーふーすることで、唇とかが一時的に熱に耐えられる状態になるんじゃないかって。
 つまり飲み物じゃない方に向かってふーふーしても同じことじゃないか、と。
 効果があるような、違いがあるようなないような、結局よく分かりません。
 どなたか、ちゃんと実験できる方は調べて教えてください。

 さて、また新しい1週間が始まりましたが、結構忙しいです。
 何がって、今日は午後から参謀とのミーティングがあって、パンフレット作成の詰めをしないといけないとか、プラスアルファーの仕事のこともあります。
 それにガット張りもあるのです。
 昨日のヒノアラシとの闘いの中で切れてしまったので、それを張らないといけません。しかし実は息子の分もあるのです。
 今、息子はテニスをしていません。
 いろいろと思うところがあるようですが、正直言ってちょっともったいないです。
 それで12日のニッシーレッスンに連れて行こうと考えているのです。
 まあ、息子自身も楽しみにしているようで、「連れて行こうと思ってるんだったら、ガットを張っといて!」ですって。
 ガット張りは、上手な人は20分程度で張るそうです。
 でも、私はそんなにふうにはできません。機械の性能のこともあるでしょうが、私の場合、頑張って40分です。3本だと120分になりますよね …。(息子の分は2本あるのです)
 そんなん、帰ってから自分で張らせたらいいやん、などと家内に言われながら、親父としては頼まれたことが嬉しいわけなんです。そんなものです。

 まあ、頑張って行きましょう!

  

家族旅行

 午前中は数IIIのテキストの解答をTEXで打ちました。
 しかし、もうぎりぎりです。
 8月9日から塾は夏休みに入るので、そこで勝負するしかないかと考えています。
 
 しかし …

 夏休みに入ると息子が帰って来るし、後半は旅行に出かけます。
 ちょっとピンチか …。
 
 旅行は台湾に行きます。
 台湾へは5年前、息子とバラマンディーを釣りに行ったことがあります。
 あの時は、当初家族旅行のつもりで計画を立てたのですが、娘のテニス団体戦とかぶっていることが発覚し、結局息子と2人で行ったのでした。
 そういうこともあって、今回はみんなで行こうということなのですが、ひょっとしたらこれが最後の家族旅行になるかも知れません。
 子どもが大きくなると、それぞれが独自の計画で動き始めるので、みんなそろって、ということが難しくなります。それは当然のことで喜ばしいことですが、同時に少し寂しいところでもあります。
 それに今回の旅行は、計画から予約に至るまで全部娘がやりました。だんだん、親はついて行くだけになるんですねぇ!
 親子の関係も次第に変わって行きます。

 まあ、楽しんで来たいと思います。


 
 
プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。