FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本の力!

 まず、業務連絡です。
 1月31日(日)の説明会は午後2時からの部がいっぱいになりました。
 ですからもし、午前10時からの部もいっぱいになるようでしたら、午後6時からの部を作るか、入れない方がほんの少しであれば、個別に対応するようにしようと思います。
 
 たくさんの方に問い合わせをいただき、感謝しています。
 稲荷塾自体が変わったわけではありませんが、生徒募集に苦労していた時期を思うと、あまりの変化に驚かされます。
 これは本を書いたりする中で、少しずつ稲荷塾が世間に知られるようになってきたということだと感じています。
 
 ちなみに生徒募集にはすごくお金がかかります。
 稲荷塾のように白黒のチラシを入れている塾は非常にまれですが、それはコストを落とすためで、それでも長岡京市付近にチラシを作って折り込むのに約70万円かかります。
 ですから当然ですが、年1回だけチラシをまく、ということになるのです。
 宣伝が弱ければ生徒が集まらず、そうすると強い宣伝はできず、すると知名度は上がらず、… となっていくので、難しいところです。

 この前の日曜日にテニスの試合に出たとき、ある方から「稲荷さん、本を出しているんですねぇ! 自分も書いてみたいと思っているんですよ! 出版社からオファーがあったんですか?」なんて話しかけられました。
 思わず最初に本を出した時の苦労話をしてしまいました。
 出版社からのオファーなんて、そんなものがあるはずがありません!
 原稿や企画書を出版社に送った数は数えきれないぐらいです。
 まあ基本的に無視です。
 そんなものです。

 しかし、1冊目の「小さな数学塾のヒミツ」(東洋出版)が奇跡的に出たことにより何かが変わりました。
 週刊東洋経済とプレジデントファミリーに取材を受け、それを読んで問い合わせしてこられる方に稲荷塾の考え方とシステムを一生懸命説明しようとすると「知っています」と言われてしまったのです。
 
 そして2冊目「頭のいい子には中学受験をさせるな」(メディアイランド)はよく売れています。
 もちろん2冊目を出すときも多くの出版社に断られ続けました。
 しかしメディアイランドの千葉さんに可能性を見出してもらい、文章の書き方のイロハから教えてもらい、遂に出版にこぎつけたのです。
 これを通して自分自身、随分成長することができたし、またこの本のおかげで念願の参考書「稲荷の独習数学」(教学社)を出すことができるようになったのです!
 
 まだまだやりたいことはいっぱいあります。
 新年度から始める反転授業についての本はいずれ書きたいですし、「独習中学数学」も作るべきだし、子育てに関するエッセーもまとめたいです。
 東大、京大の問題が解けるようになるための参考書についてはもうすでに構想が出来上がっていますが、これは問題を選ぶ作業が煩わしく、さまざまなことが一段落してからになりそうです。
 出版関係以外でも課題は多く、一つ一つつぶしていくことになるでしょう。
 
 まあ、頑張って行きます!
 
スポンサーサイト

応援メッセージ

 おはようございます。
 申し訳ありません、風邪でダウンです。
 実は日曜日から症状があったのですが、テニスをすりゃあ治るだろうと思い、月曜日に頑張り過ぎました。
 そうしたら月曜日の夜の授業中にしんどくなり始め、顔が埴輪(はにわ)のようになるのを感じました。
 昨日はエジプトのミイラのようになりました。
 早くよくなるためにこれから出勤時間まで寝ます。

 ということで、書くことがないので、応援メッセージを載せておきます。
 こういうのって本当に嬉しいんです!

 先日、法事のため鹿児島に行ってきたのですが、鹿児島の天文館という
ところにある(京都でいうところの河原町でしょうか、一番の繁華街です)、
ジュンク堂で、先生の本が一番目につくベストな位置に置いてありました!

 思わず嬉しくなりパチリと写真を撮ってしまいました・・・。添付します。
 日本全国、端っこまで注目されているんですね!


DSC_0427 (450x800)

質問と回答

 「稲荷の独習数学」に関してコメントと質問がありましたので、答えたいと思います。
 まず、その内容です。

稲荷さんのアドバイスを信じ、稲荷の独習数学を10周した結果、模試などでも難易度が高い問題以外はできるようになりました!!
次は数学重要問題集かやさしい理系数学のどちらかに進み演習していこうと思っています。
本当に稲荷の独習数学を選んで良かったです!!
しかし新過程のデータ分析は稲荷の独習数学には入っていなかったので、市販の河合塾のデータ分析の本を一冊し、データ分析の問題もできるようになりました!!
稲荷の独習数学ではデータ分析はありませんでしたが、他に抜けている所はありますか?


 10周したって、すごいですねぇ!
 さて、確かにデータ分析は載せていません。
 しかしこの分野はセンター試験でのみ問われ、2次試験には無関係で、「稲荷の独習数学」では2次で必要な知識は網羅しています。
 ただ、これは使う道具がそろったということで、この後演習を積まないと実際の入試問題が解けるようにはなりません。
 それと、数列の前に確率を入れたので、漸化式を立てて解くような確率の問題が扱えなかったというようなことはあります。
 また幾何についての分野は設けていません。必要な内容はあちこちの分野に分割して挿入しました。トータルで全範囲を押さえたということです。
 
 さらに付け加えると、この本では中学数学を一通り終えた段階で読み始めることができるようにしたので、最初の式の展開や因数分解あたりはかなり丁寧な説明を入れています。そうして数学的な基礎が出来上がって行くにつれて徐々に説明は簡潔なものになっていきます。
 概ね高校数学の基礎は「数と式」「2次関数」「論理」で、ここをしっかり理解したならば、その後の説明について来れると思います。
 もしその後の分野での説明が簡潔過ぎると感じたならば、それは基礎に不安があるということだと理解し、上の3分野を読み返してください。
 
 答えになったでしょうか?
 この方はかなりのパワーの持ち主だと思います。
 その勢いのまま演習も頑張ってください!

作業報告

 家内の実家でできたという甘い渋柿が送られて来ました。
 へぇ~、渋柿って放っておいたら甘くなるのか … などと思っていましたが、違いました。
 へたを切って焼酎に漬けて、そうしてしばらく袋に入れておくと食べられるようになるんですって!

 すごいですねぇ!

 これを初めに見つけた人は本当にすごいと思います。
 
 と、まあ、朝食時に喜んでいましたが、今日はしんどいです。
 昨日のニッシーレッスンの疲れが重くのしかかっています。
 明日試合だというのに、現時点ではとても動けそうな気がしません。
 明日までに回復できるでしょうか … ?

 ここで報告です。
 問題集の問題選びは数IAの終わりの方まで来ました。
 しかしその時の気分が一定ではないので、あるときは「稲荷の独習数学」で取り上げた内容をドリルをするような問題を選んでいたり、また別のときは面白そうな入試問題を選んでいたりしています。
 これはまず叩き台を作る作業なので、こんな調子でいいかも知れません。
 初めからいいものを作ろうとし過ぎると、作業の段階で疲れてしまいますし、一旦それができてから、補充したり削除したりして、目標に近付けて行くことができると思うからです。

 私の師匠のD先生なんかは、頭の中に3000題ぐらいがストックされていて、いつでも必要に応じてアウトプットできるようにしているそうですが、私のストックは「稲荷の独習数学」でほぼ使い切ってしまったので、また一から問題を探しているのです。
 それに今は2006年以降の入試問題から問題を探していますが、最近の傾向を知る上でもこの作業は大切です。
 ついつい頭の中が古くなって、これはつい最近出題されたものだなどと言いながら、20年ぐらい前のものを引っ張り出していたりするものですから、これではいけないのです。

 そんなことで地味な作業がまだまだ続きますが、できるだけ早く構想を形にできるように頑張って行きたいと思います!

問題集作成に手を付ける!

 全日本ベテランは既に始っていますが年令によって開始日が違うので、中井さんは今日の午後から名古屋に出発します。
 それで午前中は最後の調整ということで、練習することになりました。
 全日本レベルの人の練習相手に選んでもらったので(手軽に声を掛けられるだけだったかも)、彼が本番に向けて緊張感をもって臨めるように、私としては相手が嫌がるプレーをしたいと思います。

 さて、「稲荷の独習数学」に準拠した問題集についての構想を練り、具体的な作業を開始しました。
 以前に、「実戦公式集」を書きたいと思っていましたが、それを抱き合わせることを考えています。
 誰でも知っているようなことはカットし、押さえておくべき公式や技術を整理し、その使われ方を入試問題を通して説明するような本、これだけ知っていれば、神戸レベルまでの問題ならすいすい解けるようになるという問題集にしたいと思っています。
 
プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。