FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sully

 久し振りの家内とのデート。

14517615_1031457700306011_4921041277136411381_n.jpg

 トムハンクス主演の「ハドソン川の奇跡」(原題 Sully)を観て来ました。

 いや~ぁ、

 良かったですねぇ!
 でも、クリントイーストウッドってすごいですねぇ!
 80は越えているはずですから、そこでのこの創作意欲、すごいエネルギーです。
 それにいい内容でした。
 
 さあ、仕事仕事!
スポンサーサイト

レヴェナント

13077009_924768417641607_5855968613230522279_n.jpg

 久し振りに家内とデート。
 でかプリンのレヴェナントを観て来ました。

 いや~ぁ、

 しかし何と重い映画でしょうか?!
 どこにも救いがありません。
 でも、これが人類の歴史だったんでしょうねぇ …。
 自分が生きるために人を殺し、そして報復を誓う …。

 そしてそれは今もそうだと言えますが、私は未来を信じたいです。
 もっと別のパラダイムがあるはずだと思うのです。

 まあ、映画を観ていない人には何を言っているのかわけがわからないと思いますが、今はじっくり考えじっくり説明する余裕がありません。

 さあ、仕事仕事!

海難1890

 娘が中学時代の同級生と「杉原千畝」を観に行くと言って出掛けました。
 杉原千畝かぁ …。
 この人のことを初めて知ったとき、こんな立派な日本人がいたのか! といたく感動したことを覚えています。
 ご存じない方もおられると思うので、Wikipedia の説明を引用します。

 第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原は、ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情。1940年7月から8月にかけて、外務省からの訓令に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、およそ6,000人にのぼる避難民を救ったことで知られる。 

 彼のこともあってポーランドは親日国です。ステチェンスカが将棋の女流プロを目指してポーランドから日本に来たのも、それと無関係ではないと感じています。
 まさに歴史を変え、国と国の関係を変えた方なのです。

 いや~ぁ、我々もいい映画を観たいねぇ … なんて言っているうちに盛り上がって、「海難1890」を観に行くことにしました。


934065_852165254901924_891413957088394418_n.jpg
 いや~ぁ、

 本当にいい映画でした。
 一押しです!
 
 しばらく前、浪人時代に私の担当クラスにいたという方からメールがありました。
 彼は膳所から浪人生活を経て京大に入り、その後官僚になり、今はトルコで勤務しているとのことでした。
 たまたま私のサイトを発見し、懐かしくなったと書いてありました。その後 Facebook の友達になり、彼を通してトルコの情報や中東情勢の裏話のようなものが流れてくるようになりました。
 このごろシリアの問題に関連してトルコのことも身近になりつつあるときなだけに、いつも興味深く読んでいます。
 特に、国を代表して行っているわけですから、文面に一般人とは一味違う視点が混じり、それがとても面白いです。

 そういうこともあって、「海難1890」、楽しみに出掛けましたが、期待以上でした。
 地理的にも遠いし、宗教も違うのに親日国トルコ。
 それは、こういう日本人がいたからなんですねぇ!

 ぐぐっとくる感動を味わいたい方は是非観に行ってください!
 
 

007 Spectre

12376519_847985178653265_1694099561631495947_n.jpg

 007を観て来ました。
 まあ、楽しめました。
 ロンドンブリッジが出て来たり、最後の場面はビッグベンの近くだったり、やっぱり行ったことがある所がスクリーンに映ると、何か嬉しくなります。
 しかしダニエル君も年をとりましたねぇ。そのせいか、ちょっと迫力不足だったような気もします。

カリフォルニア、ダウン

12079696_814605398657910_9119439866902684481_n.jpg

 今日は家内とデート。
 カリフォルニア、ダウンを観て来ました。

 「パパは必ず助けに来てくれる!」

 いいですねぇ!

 いかにもハリウッド映画という単純なストーリーがいいですねぇ。
 それにすごい映像でした。
 3Dじゃない方がいいと思われる場面も多かったですし、3Dで良かったというところは少なかったですが、まあそのぐらいはいいでしょう。

 帰りには、お決まりのコースとしてジュンク堂に寄りました。


12036906_814607785324338_7438758314094193774_n.jpg

 そしてチェック!
 順調のようです。
 徐々に浸透し、長く愛される本になってほしいと願っています。
 
プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。