スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反転形式の効能

 いよいよ明日から9月ですねぇ。

 9月3日(土)から反転クラスは後半に入ります。
 反転クラス1は数IIBに入り、反転クラス2は数IIIに入ります。
 どちらも半年で全範囲を仕上げます。
 1回の授業でテキストを2ページ進めれば、余裕で終わることになりますが、十分に可能です。
 家庭学習を通して、「稲荷の独習数学」を用いて概要を掴み、テキスト2ページを予習するのです。授業ではポイント講義、演習、小テストを行います。

 数IIB、数IIIでは覚えることが多いので、過去に学んだこととのつながりを確認し続けることが重要だと考えていますが、通常授業ではそれがなかなか難しいのです。
 例えば通常授業の数IIBのクラスでは、今ベクトルを学んでいますが、その分野で出てくる新しい概念の説明に多くの時間が取られます。結局、三角関数、指数、対数関数、数列等の復習をしようと思ってもそれができないのです。小テストをする余裕も基本的にはありません。そうすると、生徒諸君はどんどんと重要事項を忘れて行くのです。

 しかし反転クラスでは、「稲荷の独習数学」を使って、生徒が自ら学んで来るので、その理解を深め、誤解しているところがないかをチェックし、以前学んだことを復習する余裕が生まれるのです。

 断然いいです。

 こういう経緯を見ながら、来年度からは全面的に数IA、数IIB、数IIIの授業を反転形式で行うことに決めました。
 

 
 
 
スポンサーサイト

今後の構想を練る

 反転授業により、数IA、数IIBは半年で学ぶことができることが確認できました。
 数IIIも同様だと思います。
 反転クラス2では、この半年で数IIBを終え、9月から数IIIに入ります。内容を確認してみると、数IIBよりもスムーズに行きそうな気がしています。数IIIは覚えるべきことが多く、トレーニングをたくさんする必要がありますが、内容自体では数IIBより少ないのです。
 おそらく、来年度までの半年で仕上げることができるでしょう。
 結局、数IA、数IIB、数IIIは半年で学ぶことができ、定着率もその方がいいということになります。
 
 そういうことなので、来年度からは数IA、数IIB、数IIIのクラスはすべて、反転形式で行うことにしました。
 そして、1年を2つに分け、数IA、数IIB、数IIIのいずれも、3月からと9月からのどちらからでも始めることができるようにしようと思います。

 開講するコマが増えますが、「TOEIC満点君」が来るので、回して行けると考えています。
 それに彼は英語教育にも情熱を持っているので、将来的には英語のクラスを作ることになるかも知れません。
 本当のことを言うと、化学のクラスも作れればいいなと思うのですが、さすがにそれは箱が足りません。
 
 数IIIのテキストの解答のTEX打ちが終了したことにより、少し余裕が出て来たので、今後のことを考え始めています。
 

 
 

反転クラスの報告

 いよいよ明日から塾は夏休みに入ります。
 9日(火)から17日(水)と、19日(金)から21日(日)が休みで22日(月)から本格的に再開します。

 さて、反転クラス1、2ではそれぞれ数IAと数IIBが終了しました。8月27日に総復習をして、9月からそれぞれ数IIB、数IIIに入ります。
 3月に開講した当初は、「稲荷の独習数学」で予習をして来て、塾でテキスト2ページを演習するというやり方で進めていましたが、それではポイント講義をしたり、小テストをしたりする時間が取れず、あるところからテキスト1ページ分を家でやって来ることにしました。
 そうすることにより、塾では1時間でテキストのもう1ページを演習し、残り1時間をポイント講義および小テストに使うことができるようになりました。
 これはかなりの進歩で、誤解していそうなところをチェックしたり、以前学んだ分野とのつながりを確認できるようになりました。

 しかし、

 9月からはテキスト2ページを全部家でやって来ることにします。
 「稲荷の独習数学」で予習し、さらにテキストの問題を解いて、新しい単元の内容とその使われ方を把握して塾に来るのです。
 要するに予習のレベルを上げるのです。
 特に数IIBでは、覚えることが多く、さらっと学んで次に進むと、過去に学んだ分野がどんどんと怪しくなって行くので、そうならないためにも、今学んでいる分野を掘り下げるとともに、復習をしたり、小テストをしてチェックしたり、折に触れて学び直すということが大切になります。
 予習のレベルを上げ、そういう時間を作り出そうとしているのです。
 
 きっとすごいことが起こります。
 参加している生徒諸君は、驚くほど成長して行く自分を感じることになるでしょう!
 今でさえ、相当の実力をつけて来ています。通常授業よりはっきり上になったと言うことができます。
 でも、もっと上に行ってもらおうと考えています。

 そして来年度からは、通常授業もこの形式で行うことにするのです。

 ところで、このようにすることが大変でしょうか?
 通常授業に参加している生徒諸君の中には、ついて行けなくなるのじゃないかと危機感を持っている子もいます。
 まあしかし、これは覚悟の問題だと思います。
 日々30分、真剣に数学に取り組む覚悟があれば、大丈夫です。

 ひとつ例を話しておくと、反転クラス1では約5か月間で数IAを仕上げました。結構のスピードだと思っていました。
 
 ところが、

 生徒に聞いてみると、H高校ではそれより短い約4か月で、数IAのほぼ全部が終わったそうです。あと数Aの一部が残っているだけだと言っていました。N中学でもK高校でも、大体同じようなスピードだそうです。
 数IIBになると、さすがに同じようなスピードではできないでしょうが、数IAを稲荷塾と同程度のスピードで学ぶ学校はかなりあるということです。
 
 つまり、覚悟の問題です。
 それにやり方が加われば、十分にできます。
 頑張ってほしいです! 

 

茨木高校、最終回

 先週、数IIBのクラスで数列のテストをしました。
 ここでは、通常クラスと反転クラスの成績分布がどうなっているかを特に注目しています。
 これまで、三角関数、指数対数関数、数列の3回のテストを実施した結果の推移を見ると、いろんなことを考えさせられます。

 1回目の三角関数のテストでは、概ね反転クラスの生徒が上位を独占していました。
 2回目の指数対数関数では、完全にばらけました。
 そして今回3回目のテストが数列だったわけですが、再び反転クラスの生徒が上位を独占することになりました。それも上位9人までがすべて反転クラスの生徒だったので、通常授業に対して反転授業の優位性が明らかになったと見てよいと思います。
 
 じゃあ、どうして2回目のテストのときは1回目と3回目のようにならなかったのでしょうか?
 それは正直言って、私の失敗です。
 反転授業では、「稲荷の独習数学」を用いて生徒が家で新しい単元を学んで来ます。授業ではそれをテキストを使って演習するという形にしていました。そこで出て来た疑問点に私が答えるようにしていたのですが、回が進むにつれ、みんなの予習レベルが下がって行きました。
 予習レベルが下がると質問も少なくなり、まるで自習監督をしているような授業になりました。
 何とか予習レベルを上げなければならないと思い、授業開始の1時間前に来て、テキストを早く仕上げるようにという指示を出したこともあります。
 小テストをして理解度を確認したり、ポイント講義をして誤解していそうなところを整理したり、過去に学んだ単元からの流れの中で、忘れていそうなところをチェックしたりすべきで、そのための時間が必要なのに、テキストを仕上げることでいっぱいいっぱいになっていたからです。
 だから早く来るように、ということですが、遅れている子に限ってぎりぎりにしか来れなかったりして、結局その子がテキストを仕上げない限り、小テストやポイント講義を始めることができないわけですから、授業をコントロールできないフラストレーションがたまりました。
 結局、1回の授業でテキスト2ページを進むうちの1ページ分は家でやって来るようにという方針に切り替えました。

 はたして、

 これは成功でした。
 2時間の授業のうち、1時間でテキスト2ページ分の演習が終了するようになり、あとの1時間はポイント講義ができるようになりました。
 もう少し頑張れば、小テストの時間も作れるようになると思います。
 実際、みんなの予習進度も早くなり、中には授業でこなすべき2ページ分の演習を終えた状態でやって来る子も出始めています。
 もし、このままエスカレートして、2時間の授業をまるまるポイント講義と小テストに使えるようになったら、すごいことが起こるでしょう!

 そういう中で、今回の数列のテストがあったのです。

 まあ、予想通りの結果になりました。

 通常授業では新しい単元を授業で説明して、それを家で復習するようにと指示するのですが、生徒が家でやるべきことをやっているかどうかという部分に関してはなかなかコントロールできません。ついつい生徒の自覚任せになるのですが、期待通りの取り組みをする子は非常に少ないです。
 
 そういう意味で反転授業は、しっかりできている子もそうでない子も、こちらがコントロールしやすく、そもそも、予習して来なかったら授業に参加する意味がなくなるので、最低ライン自体が高くなります。

 結局、反転授業で通常授業の2倍の進度が実現され、定着度も断然良くなります。
 
 「茨木高校」シリーズが3回まで続き、まだフィニッシュを書いていませんが、今回の内容がその最終回になります。
 つまり、もし茨木高校が反転授業を取り入れれば、高2の夏頃には数IA、数IIB、数IIIの高校過程が終了し、その後は演習に充てることができるので、数学の力は安定し、理科にかける時間も十分に確保できるので、飛躍的に合格実績が上がることでしょう!
 
 しかし、

 茨木高校自体がすぐにそんなふうに変わるとは思われないので、稲荷塾に来てください、ということになるのです。


 

小学生部について

 この前の日曜日は保護者説明会、結構の過密スケジュールで、肉体的にしんどかったです。
 全体を4つに分けて、1時間ずつ9時半から、11時半から、2時から、4時からと4回実施したのですが、準備が遅れていたので、朝7時ごろから塾に出掛け、ぎりぎり間に合わせました。
 1つ目、2つ目、と進んで行くうちに疲労が蓄積し、最後の小学生部のところにきたときには、顔が埴輪のようになり、表情を作ることができなくなりました。
 ところがそのときの参加者が一番多く、40人ほどもあったので、気合を入れて、残っている力を絞り出すようにして話しました。
 するとその後、体調がおかしくなり、背中の具合も悪くなって、大きく息をすると激痛が走るようになりました。それは結構重傷で、今日、土曜日の段階で、ようやく回復してきていることを実感できるようになりました。
 
 長い言い訳を書きましたが、実はその後忙しかったこともあり、書いていただいたアンケートをほったらがしにしていたのです。
 それで、ちらっと見てみると、小学生部の説明会のときに、小学生部のことをあまり話していなかったというのです!
 
 いや~ぁ、

 申し訳ありません。

 一応レジメに沿って話していたのですが、肝心の小学生部の状況について話していなかったとは …!
 
 それで、今日は少しだけ小学生部について書いておこうと思います。
 
 小学生部も発展途上です。
 これまでのところを振り返ると、すごく優秀な子が出ている反面、全体としてはレベルが低く、たとえば去年の中学数学のクラスを見てみると、小学生部から上がってきた子が下位の方に固まっているような状況でした。

 全体としてのレベルを上げる、これが一つの課題です。

 それで今年の中学数学のクラスを見てみると、小学生部から上がった子と中1から入ってきた子がちょうど半々になっていますが、小学生部上がりの子は成績的に上から下まで均等に分布しています。
 少し改善されたのです。

 でも、もっと行こうと考えています。
 まず手始めに、中学数学に入った子には宿題を出すようにしました。
 小学生の間はたくさん遊ぶことが仕事だ、と言って来ましたし、今でもそう考えていますが、中学数学に入ると新しい概念がポンポンと出てくるし、覚えるべきことも多くなるのに、週に1回1時間の授業で、しかも宿題もないというのでは、次に来た時に前回習ったことを忘れてしまうという指摘をいただいたのです。
 確かにそうですねぇ。
 それで宿題の効果は上がりつつあります。とは言っても、ガンガン勉強しましょうということではなく、B5のプリントを2、3日に1ページもやれば追い付くような宿題で、要するに習ったことを忘れないようにすることが目標になっています。
 でも正直言って、もし、おもしろいと感じたなら、もっとやったらいいです。それはたくさん遊びましょうということと矛盾しないと思います。

 そして、中学数学に入った子は今後、週2時間を標準にして行こうと思います。
 が、これにはさまざまな問題があり、慎重に進める必要があります。
 まず現実的に、みんながみんなそうしてしまうと、教室の収容能力を越え、入れなくなってしまいます。
 それから、本当に2時間集中して勉強できるのかという問題があります。
 中学数学のクラスでもそうですが、考えていることをひっきりなしに口に出してしまう子がいます。本人は全く悪気はないのですが、そういう子がいると、全体がざわざわした雰囲気になり、集中力が削がれるのです。
 要するに、幼いというか、モチベーションが育っていないというか、そういう段階で勉強時間を増やして意味があるのかということです。
 まあ、そういうざわざわタイプの子が一人だけだと何とかなりますが、2人以上になるとまずく、真剣勝負の雰囲気からは程遠い状況になってしまいます。
 小学生部の場合、勉強以前にまずそういう問題を解決しないといけないのです。
 最初に、真剣な学びの雰囲気を作る、ここからスタートしないといけないのです。
 そういうことで、実際に週2時間にできた子は、まだほんの数人です。
 
 小学生部は発展途上です。
 と同時に、限りなく可能性があると思います。

 一つの目標は公文です。
 学び方の新しい方法を提示したいと考えています。
 しかし、公文と決定的に違うのは、大衆教育を目指しているわけではないということです。
 人から人へ伝えるということを基本にしたいと考えているところも違います。

 まだまだ、構想していることが実現できていませんが、頑張って行こうと思います!

 
 
 
 
プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。