スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エビ釣り

 帰って来ました。
 今朝の1時半に関空に着き、5時45分の始発まで空港のロビーで待ちました。
 子どもたちはベンチの上で寝ていましたが、我々にはちょっと無理。
 結局、とんでもなく疲れました。
 安く行くには我慢も必要ということでしょうか?

 ところで安くと言うと、台湾大学で知り合った夫婦は何かの企画に乗ることができて、いいホテルに4泊5日で、一人2万5千円ですって! もちろんフライト代込です。
 たくさん行った中で、プラハが一番良かったというような話もありましたので、この方たちは相当の通です。そこまで行くと、アクセスできる情報量が違う感じがしました。
 我々もかなり安く行ったと思っていましたが、上には上がいるんですねぇ!

 それはそうとして、今回の台湾旅行、ホント楽しかったです。
 その中でもナンバー1は、エビ釣りです。


14034835_997315753720206_5275715985025015959_n.jpg

 1時間闘って、私と娘が最下位で2匹ずつ。
 準優勝は家内の3匹。
 そして優勝は、息子の6匹!
 
 最後の方でコツが分かって来ただけに、私としてはこの不本意な結果に納得がいきません。全くの素人の家内に負けたんですから …。
 逆に家内は大喜び。
 
 釣ったエビは、その後塩焼きにして食べさせてくれます。
 おいしかったですよ!

 こんなんだったら、1時間じゃなくて、2時間ぐらいやればよかったと思ったぐらいです。

 今回、台湾勤務が長かった玉田さんにいろいろと楽しみ方をアドバイスしてもらってから行ったのが正解でした。
 サンキュー、玉田さん!

 
スポンサーサイト

九份


昨夜は九份に行って来ました。
この山の上には、かつて9人しか住んでいなくて、買い出しに降りて来ては9人分の食料を買い込むので、九份という地名になったそうです。
ところが1800年代後半に金が見つかり、人が増え始めます。日清戰争に勝った日本が
台湾を統治するようになると、組織的に開発するようになり、人口は4万人まで膨れ上がったそうです。
その後金が取れにくくなり、閉山が決まるとさびれるようになりました。しかし今再び、観光で活気を取り戻すようになりました。
そう、ここは千と千尋の神隠しのモデルになった所として有名で、多くの日本人が訪れます。
それから台湾の人たちにも人気が高いです。
戦後、大陸から入って来た中国人と日本語を話す台湾人の間で多くの軋轢が生じ、結局その闘いは1987年の戒厳令解除まで続きます。この苦しかった時代についての映画が、九份を舞台に作られたのです。
また、ここから眺める海の景色も素晴らしく、娘についていっただけだったわりに、楽しめました。
プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。