FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月7日(火)の懇談会について

 10月7日(火)の懇談会の参加人数が、定員を越えてしまいました。
 そこで、10月2日(木)10時から小学生部と中学数学のクラスを対象にした懇談会を行うことにしました。
 できるだけ人数を分散したいので、10月7日に参加予定の方で、10月2日に移ってもいいと思われる場合は連絡をお願いします。

う~ん、残念!

 う~ん、残念!
 チリッチが良かったという人もいますが、錦織が全然ダメだったと私は思います。
 昨日のブログにも書いたように、錦織の方がランキングが上であること、これまでの対戦で勝っていることが怖いと恐れていたことが出てしまいました。要するに思い切れなかったということです。
 攻めが中途半端な分、逆襲を食いましたし、急所でのミスが目立ちました。
 チリッチの精神的弱さを突かなければならないのに、それができませんでした。

 あらゆる面で、まだまだです。
 また出直して、もっともっと強くなってほしいと思います。
 そうすれば、きっとまたチャンスは巡ってくると信じます。

 非常に残念ですが、今回錦織が成長したことを評価したいと思います。

評論家になる稲荷氏

 今朝の京都新聞には、1面トップに続き、3箇所に錦織の記事が載っていました。

10632770_618331468285305_3052780329767463295_n.jpg
10418319_618331491618636_1252167887882253835_n.jpg
10690020_618331514951967_9167113170219091446_n.jpg

 テニスの話題がこれほどに注目されたことがあったでしょうか?!
 ちょっと感動しますねぇ!
 
 決勝の相手はフェデラーが来ると思っていましたが、意外にもチリッチ。これが不気味です。息子の分析では、かなり大変とのこと。
 私もそう思います。
 これまでの3戦は、すべてランキング上位の選手が相手でしたが、チリッチは錦織よりも下です。それに直接対決でも錦織が5勝2敗と勝ち越しています。
 それが怖いわけです。
 しかもチリッチにはイワニセビッチがコーチにつき、彼のサーブが大きく改善されました。イワニセビッチと言えば、現役時代に最も多くサービスエースを取る選手として有名でしたし、何と言っても、そういう名選手にバックアップされることで、メンタルががらっと変わることがあると思うのです。
 錦織もマイケルチャンがコーチについてから、自信にあふれたプレーをするようになりました。
 やっぱり、勝ってきた人の言葉は重いということです。
 決勝はこれまでの3試合以上に大激戦になると思います。

錦織、本当にすごい!

20140907_546_800_02.jpg

 これはすごい!!!
 まさかジョコビッチにまで勝てるとは思っていなかったです!
 
 興奮して眠れず、女子ダブルスが終わってから寝て起きたら、今になっていました(午後3時)。
 でも興奮しているのは、どうも私だけではないようです。普段テニスの話題などしたこともないような人たちまでもが立派な評論家になっています。

 いや~ぁ、

 本当に優勝するかも知れません!
 しかし、そんなことって本当にあるんでしょうか?!

 錦織は本当にテニスが好きで、どうしたら勝てるのかを考えるのが楽しくて仕方がないんでしょうねぇ!
 
 いや~ぁ、

 人に夢を与えるって、こういうことなんですねぇ!

稲荷塾はどこに向かっているのか?

 年1回の懇談会まであと1か月になって、「稲荷塾はどこに向かっているのだろう?」などということを頻繁に考えるようになりました。

 まず、稲荷塾のミッションステートメントは

 世界的で歴史的な貢献をする人材を育成しよう

ですが、

 灘以上の集団を長岡京市に作る

などと叫んでいたこともあります。
 確かに、卒業生は確実に各分野で活躍を始めています。
 しかし同時に、その絶対数がまるで足りていないことも事実です。
 それから塾のレベルももっともっと上げて行きたいところです。

 たとえば数IAや数IIBのテストをしたとき、50点以上を合格点にしているのに、上のクラスと下のクラスのクラス分けの基準点は20点以下だったりするわけです。
 これでは話にならないので、今回の数IAのクラス分けでは、上のクラスの人数がどんなに少なくなったとしても、クラス分けの基準点を30点未満にする気はないと宣言しました。
 そうしたら、ちょうど30点が人数的に適正なクラス分け基準点になりました。 
 やればできるじゃないか!
 今、下のクラスでは、勉強の仕方を教えたり、モチベーションを高めるための話をしたり、必死にケアーしていますが、本来、そういうことを卒業した子に来てほしいと願っています。
 はっきり言って、近い将来、50点をクラス分けの基準点にしたいと考えています。
 そして下のクラスは30点以上です。
 それ以下の子は出直して来てもらう …。
 そういうふうにしたいと思います。

 昔、Z会京大マスターコースを立ち上げたとき、選抜テストをすると宣伝すれば、いくらでも生徒が集まって来ました。
 50点以上取れたら合格ですが、取れなかった子は何度でも受けに来ました。
 そうして集めた子たちは、当然実績を出します。

 これがネームバリューの差なんですねぇ!
 
 しかし、Z会京大マスターコースと稲荷塾とどちらがいいと思いますか?
 そんなのは比較にもなりません!
 もちろんこれは私見ですが、稲荷塾の方が100倍いいのです!!!

 でも現実は負けているわけなんです。
 悔しいですねぇ …。
 何故って、資金力、宣伝力、… ビジネスは総合力なので、塾としての内容だけの勝負ではないのです。
 
 そういうことで、このブログを書いたり、本を書いたりして知名度を上げる努力をしてきました。
 来春出る「独習 高校数学」にも大いに期待しています。
 
 勝つぞ!!!

 約3週間かかった壁の塗り替えが終わりました。

10516882_604174039701048_9154821891326549250_n.jpg

 これが塗り替える前で、

10672373_615071901944595_731136059298367314_n.jpg

 これが塗り替えた後です。
 きれいになったのもありがたいですが、ずっと家の周りに足場が組まれ、シートで覆われた状態から開放されたのが嬉しいです。
 この塗料、何でも東京スカイツリーに使われているものらしく、光と反応して汚れを分解し、雨が降ったらその汚れが流れ落ちるようになっているそうです。
 元の値段はちょっと高かったのですが、キャンペーンだということでまけてもらって、塗り替えることにしました。
 どうでしょう?
 やってよかったのでしょうか?
 まあ、家はちゃんとメンテナンスをすれば長持ちするそうなので、次の代まで使うという前提で思い切ったわけです。

 気持ちも一新して頑張ろうと思います。

10月7日(火)の懇談会について

 10月7日(火)の懇談会が定員オーバーしてしまいました。
 と言っても2人だけなので、椅子だけ増やして対応しようと思いますが、もしまだ申込者が増えるようであれば、別の日を設定します。
 
 

錦織ベスト4

無題

 錦織、また勝った!!!
 これでベスト4!

 いや~ぁ、

 朝4時前から起きて応援した甲斐がありました!
 今回も前回に引き続きフルセットの激闘で、4時間を越える苦しい試合を勝ち切りました。

 いや~ぁ、

 もう言葉になりませんねぇ!!!

クロックスについて

 8月23日、土曜日に人のクロックスを間違えて履いて帰った子がいたという記事を載せたことがあります。
 まだ、誰だか分かっていません。
 深い緑色のものだそうですが、塾に残っているのは黒っぽい色のものです。
 もう一度チェックをしてください。

アマゾンランキング3位!

 いや~ぁ、

 今日の出勤前はとても忙しかったです …。
 まず、フェデラーを観て、トレーニングに行って、買い物(何かサポーターみたいな下着があって、それが良いと強く勧めてくれる人がいるので、それをアルペンに買いに行きました)をして、そして散髪に行きました。

 そして出勤してみると、「頭のいい子には中学受験をさせるな」(メディアイランド)がアマゾンで最高ランキングを更新していました。

 イエ~ィ!

 登録情報

単行本: 153ページ
出版社: メディアイランド (2013/12/25)
言語: 日本語
ISBN-10: 4904678524
ISBN-13: 978-4904678527
発売日: 2013/12/25
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 レビューをすべて見る (8件のカスタマーレビュー)

Amazon ベストセラー商品ランキング: 本 - 1,369位 (本のベストセラーを見る)
3位 ─ 本 > 人文・思想 > 教育学 > 教科教育 > 学習指導
31位 ─ 本 > 人文・思想 > 教育学 > 一般


 このランキングの中で、いつもチェックしているのは、
 3位 ─ 本 > 人文・思想 > 教育学 > 教科教育 > 学習指導
のところです。あとは対象範囲が広過ぎて、あまりピンと来ません。
 そんなに頻繁にチェックしているわけではないのですが、ときどき覗いては、上がったとか、下がったと言いながら楽しんでおり、過去最高の4位を更新することがあるのだろうかと見ていたわけです。
 すると今日は3位!
 これに気持ちを良くしてまた頑張って行こうと思います。



報告と連絡

 報告と連絡です。
 
 まず、10月7日、8日に予定している懇談会は、7日があと3人、8日があと7人で定員になります。
 もし定員オーバーすることになると、別の日を設定しますが、参加予定のメールの微分係数からして、どうも別の日を設定しなくても済みそうです。
 
 次は「独習 高校数学」のチェックの進捗です。
 既に微分積分以外のところは終了しています。
 そして明日、その微分積分のところをチェックしたものを河村さんが持って来てくれることになっています。
 それをもとに最後の修正をすることになりますが、おそらく9月中には完成すると思います。
 ちょうどその頃、出版社の方でも元原稿の打ち込みが終わるので、修正原稿を使って校正が始ります。
 来春に間に合えばいいなと願っています。

 それから小学生部のあき状況です。
 小学生部は比較的動きが激しく、いっぱいになったりあきができたり、各クラス共に変動しています。
 現時点で入れるクラスは、火曜日の5時からと水曜日の5時から及び6時からのクラスです。

 A会話も今週から再スタートしましたが、途中からでも入ることができ、まだ入ることのできるクラスは沢山あります。



 

A会話小学生クラス開幕!

 A会話の小学生クラスが今日から始まりました。
 今日の参加者は4年生、5年生、6年生の3人です。
 
 いや~ぁ、

 どうなるでしょうねぇ …

 心配しつつ、始まる前に彼らに聞いてみたら、
「hello ぐらいは知ってるよ」
ということだったので、ますます心配でしたが、Carmelia の強烈な迫力が一気に雰囲気をラテン系にしてしまいました!

 教師の一番の仕事は、科目の内容を教えることではなく、モチベーションに火をつけることだったり、情的感化をすることだと AJ Hoge が言っていましたが、まさしくその通り!
 そういう意味で Carmelia は本当に得難い人材だとつくづくと感じます。

錦織、勝つ!!!

20140902_546_380_05.jpg

 錦織、勝つ!!!

 第5シード、カナダのラオニッチとベスト8をかけた一戦は、現地時間夜中の2時半頃になって遂に錦織が競り勝ちました。フルセットの激戦でした。

 いや~ぁ、

 しびれましたねぇ!
 全米、日本人ベスト8は92年ぶりだそうです。

 それにしても 230km/h を超えるサーブを武器に押しまくるラオニッチに対して、よく勝ったものだと思います。
 とんでもない選手が日本から出てきたものです! 
 私は感動のあまり、放心状態です!

いよいよA会話第2期のスタート!

 私は5年日記をつけています。
 日記が5段に分かれていて、2014年は4段目なので、常に過去3年分の日記を見ることができるようになっています。
 見開き2ページには4日分の日記を書くことになり、それが終わると次のページに行くわけですが、そのときにざっと過去3年分の日記を眺め、あれこれ思うのが楽しいです。
 このところ非常に雨が多いですが、去年もずっと雨だったんだなぁとか、3年前の9月3日は台風で塾を休みにしたんだなぁ、とか、いろんなことがわかるわけです。
 去年の今頃は、オンライン英会話のレッスンの度に Carmelia にアタックしていて、遂に日本に来てもらう口約束をとりつけ、そしてちょうど去年の9月1日に本名と個人のメールアドレスを聞き出したようです。

 いや~ぁ、

 思い出しますねぇ!
 レッスンの一部として、軽くあしらわれているのではないかとか、はらはらどきどきの中で、下手な英語を目いっぱいに使いながら頑張っていたわけです。
 そして2日後には Carmelia から初めてのメールが来て、これは脈ありと見て、必死で英語を書きました。そのときに急激に自分の英語が上達していくのを実感しました。

 それで、A会話では毎日日記をつけ、それを Carmelia にチェックしてもらうという宿題があるのです。
 今回入門クラスやマンツーマンのクラスを作ったので、それに伴いこの日記の使い方も考え直そうとしていますが、基本は、自分が本当に関心があること、何か心から伝えたいことを英語にするということに意味があると思うのです。
 確かに、この宿題については、めんどくさいとか、大変だという声もあります。
 でも意欲的に取り組んでもらえば、必ず大きなプラスになると私は信じています。
 
 それから何と言っても、Carmelia と個人的な関係を築くということが大切です。
 3月から8月のレッスンで最も英語が向上したと評価された the noisiest girl は、既にアメリカ留学に出発しましたが、今なお、Facebook でCarmelia とやり取りをしています。
 語学は学問というよりは人と人の関係をつなぐためのものですから、その関係ができた場合には、急成長もありうるわけです。
 その点も是非取り組んでもらいたいと願っています。
 
 いよいよ今日からA会話第2期がスタートします。開始にあたって、思うことを書いてみました。


 
プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。