FC2ブログ

A会話に参加しての体験談

 A会話に参加しての体験談、感想が届きましたので、紹介します。
 現高1の女子です。

 A会話を習い始めた時の目的は、「ロイスにラブレターを書く」「ユルゲン·クロップと意見交換する」ことでした。
 大きな野望を持ってA会話を始めて半年。Carmeliaから学んだことは2つあります。
 1つ目は英語力。私の興味のある話題(handsome boys, sweets, fashion)について語り合えるので、その分野の英語力が飛躍的に伸びました。最近では、日本語字幕なしの洋画も観れるようになり、日本だけでなく世界のイケメンに会うことが出来るようになりました。
 2つ目はCarmeliaの生き方です。単身日本にやって来て、努力している姿は私の憧れです。日本独特の文化(梅干し)にも果敢にチャレンジし、今や、背中にカイロを貼っている程です。私も世界を歩き回り、様々な文化に触れていきたいと思うようになりました。
 当初からの目的である「ロイスにラブレターを書く」というのは「ロイスにラブレターを手渡しする」というものに変わり、「ユルゲン·クロップと意見交換する」というのは「共に仕事をする」というものに変わりました。
 早く高校を卒業し、目的を達成したいです。


 ロイスとかユルゲン·クロップといった耳慣れない名前が出てきますが、グーグルで調べてみると、ドイツのサッカー選手とサッカーの監督のようです。
 だったらドイツ語を勉強しないといけないような気もしますが、まあそれは大学に入ってからでいいでしょう。

 それはそうとして、確かに Carmelia は逞しいです。
 一番初めに感じたのは、聞こえてくる日本語が分からなくても堂々としていることでした。いや~ぁ、この子はすごいなぁと思ったのを思い出します。
 そして今回の岐阜への一人旅です。何でも自分で考えて、そして実行します。人に頼るのが嫌いだという性格は幼い頃からのもののようですが、それが人と共感する能力が非常に高いということと不思議にマッチしています。
 A会話に参加している学生諸君には、Carmelia と深く接して、多くを学んでほしいと願っています。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR