FC2ブログ

ライバル物語

 今日のニッシーレッスンは特別にきつかったです。気温が上がって来たせいでしょうかねぇ?
 職場に来て、座っているだけで苦痛です …。フッフッフ、しかし幸いにも今日の数IIICと演習2はともにテスト! 本当に助かりました。
 
 今日は初めて西村コーチの弱音を聞きました …。
 西村コーチには、もう十数年競り合っている山村という名のライバルがいます。コーチと山村さんの試合のビデオを初めて見せてもらったのが、10年以上前のことで、確か関西オープン35才以上の部の決勝だったと思います。そのときはコーチが勝ちました。あまりにもすごい試合で、私も何回見たか分からないぐらい繰り返し、見ました。勝って吼えるコーチ! しびれましたねぇ!
 山村さんもテニスのコーチをしていますが、この試合の後、レッスンを減らしたりしながらトレーニングを続け、まるで野武士のようにコーチに迫って来ました。
 コーチには、もうひとり倒さなければならない敵がいます。チョン君とコーチは呼んでいますが、韓国の元デ杯選手(要するに韓国の代表選手で松岡修造には全勝している)で、強いです。この選手にコーチは全日本のいいところで、2年連続敗れています。
 ところが昨年の全日本45才以上決勝では、山村さんがこのチョン君を破って優勝したのです!
 私から見れば、コーチほどテニスに打ち込んでいる人はいないのではないかと思うのですが、そのコーチが、ことあるごとに「山村はテニスのためにすべてを犠牲にしている」と言うのです。どれだけすごいのでしょうか?!
 ただコーチは、山村さんがタバコを吸うことが彼の唯一の弱点だと考えて来たのですが、それも遂にこの2月で止めたそうです。
 そしてこの大阪毎日の決勝でコーチは山村さんに完敗したそうです …。
「あそこまで、すべてを犠牲にできひん …」
これは私が初めて聞いた、コーチの弱音です。
 しかしコーチの目は燃えていました。まるで15才の少年のように! きっと再逆転の道を探しているんだと思います。
 
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR