FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつスイッチを入れるか?

 この前、dumbing us down を読むのに苦労していると書きました。
 1ページに5、6個の知らない単語が出て来てうんざりしているということでした。
 私の中では、1ページに2個以内の知らない単語であれば許容範囲で、それを越えるとダメと思っていました。
 それでぼやいていたのですが、そんなん普通やん、と娘。

 う~む、

 そうかも知れません。
 楽しみのために読むのであれば、自分の力の範囲で読めるものを選ぶ必要がありますが、読みたいものを読もうと思えば、多少の苦労をして、自分のレベルを上げて行かないといけないということです。

 今は何やかやと忙しく、どちらかというと楽しみのために英語を勉強しています。力が落ちないようにという意味もあります。
 しかし、そうするとだんだんと突っ込んでみたくなるような分野が出てくるのです。
 たとえば洋楽を聴いたら、歌詞が気になったり、今回のように教育関係の本が読みたくなったり、… という具合です。
 だから、どこかでダッシュして、もう数段上に行きたいといつも考えています。
 そのためには時間も必要ですし、何よりも気合が要ります。
 でも、こうしたら、こうなると分かるレベルまでは来たので、いつスイッチをオンにするかだけだとも感じています。

 まあ、来年でしょうかねぇ …。

 今の追いかけられている状況が変わるのは来年ではないかと期待していますが、来年になればなったで、「TOEIC満点君」が加わるだけに仕事が増える可能性もあります。少なくとも参謀はそう言っています。
 もし来年になってさらに忙しくなったら、そのときは腹をくくって、無理やりにでも時間を作るつもりです。
 そうじゃないといつまで経っても今のレベルを越えることができないですから …。
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。