FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深く理解すべし!

 大体の傾向として、数学ができる子は他の科目もでき、全体的にできる子は数学もできます。
 しかし例外はあり、チューターの緒方君は滋賀医大の学生ですが、他の科目は大丈夫だけど、数学だけが悪いので何とかしたいと言って入塾して来ました。
 そんなことはないだろうと思っていたのですが、事実でした。
 他の科目の成績がいいということは、頭もいいし、勉強のやり方を知っているということで、それなのに数学だけができないという理由が分かりません。
 彼は高3の最後の最後の直前演習から参加し、現役では不合格だったので、実際上浪人の1年間を稲荷塾に通って来るということになりました。

 はたして、

 伸びましたねぇ!

 今、チューターとして、あたかも数学が得意であったかのように振舞っていますが、もともとは全然ダメだったのです。

 何が変わったのでしょうか?

 一度じっくり話を聞いてみないといけないと思っていますが、何かが変わったことだけは事実です。

 さて、今高3のM君は緒方君と同じことを言います。数学だけがダメなんだ、と。
 でも、M君の問題ははっきり見えます。
 昨日プラスアルファーの演習問題として直線の通過領域の問題をやりました。
 こんなのは何度もやって来た問題で、直線上の ( x, y ) に対してそこを直線が通ることになるような t があるのか? と考えればよく、さらさらっとやってほしいわけです。
 ですが、彼はまるで動けませんでした。
 一度やって、できなかった問題を大切にしていないことが彼の問題です。
 そのとき、解答を見て、分かったと思うレベルが問題です。
 次に似たような問題が出て来た時に、本当に自力でできるのだろうかと、自分に問うてみないといけません。
 分かった、次 … なんてやっていると、労力だけかかって、実力はまるで伸びないという状況になってしまいます。

 もうこの時期、受験生は焦る思いで頑張っていることと思いますが、だからこそ、あれこれ手を出すのはやめましょう!
 そうではなく、1冊の問題集に2度3度取り組むことの方がはるかに効果的です。 
 
 深く理解すること。
 使える技術を身に付けること。
 
 これが大切です!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。