FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成功の3段階

 最近書いていることを整理しておこうと思います。

 まず、知識と技術がないと全く動けません。
 こうするに決まっているじゃないか、という場面でも、10分20分と考えているのです。
 知識と技術がなければ、発想すら湧いてきません。

 次に、この知識と技術が身に付いて来ても、それがどのように使われるのかということとリンクされていないと、いちいち違った方向に走り出します。
 この段階に入ると、1問1問を大切にすることが重要です。答えを見れば、あっ、そうか、と分かってしまうので、次に行こうと思ってしまうのです。
 なぜここでは知識Aではなく、知識Bを使うのかを考えてみる必要があります。
 仮にその問題が解けても、それで良しとしてはいけません。
 もし自分のやり方が下手だったり、まわりくどいやり方なら、余分に時間が取られてしまうのです。そうすると当然、勝負すべき問題にかける時間がなくなり、結局力を発揮しきれないのです。
 技術を洗練されたものにする必要があります。

 最後に、身に付けた技術を捨てることが大切です。
 東大や京大の問題では、これはこうして終わり、のようになっていないことが多いのです。
 意味自体が分かりにくかったり、状況が把握しにくくなっていたりして、一体何をどうすればいいのかと悩まされることになるのです。
 そのとき、もっている知識がじゃまになるのです。
 あれを使うのか、いやいやこれか … などと堂々巡りして、自分の頭で素直に考えることが妨げられるのです。
 このレベルになると、人はこう言っていますと、豊富な知識を持っている以上に、私はこう思いますと、自分で考えることができる人材が要求されているのです。
 だから入試問題もそのようになります。
 
 多くの受験生を見て来て感じるのは、第2段階すらクリアできない子が圧倒的に多いということです。
 しかし、第2段階を乗り越えたとしても、次に第3段階を通過するのにかなりの時間がかかります。

 「稲荷の独習数学」は第2段階までを書きました。
 これを2度3度こなして、洗練された技術を身に付けてください。
 第3段階については、いずれ本にしたいと思います。
 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: タイトルなし

> 独習数学には極座標が載ってないと聞いたんですがあまり必要のない分野なのでしょうか
極座標特有の入試問題はありません。
プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。