FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反転形式の効能

 いよいよ明日から9月ですねぇ。

 9月3日(土)から反転クラスは後半に入ります。
 反転クラス1は数IIBに入り、反転クラス2は数IIIに入ります。
 どちらも半年で全範囲を仕上げます。
 1回の授業でテキストを2ページ進めれば、余裕で終わることになりますが、十分に可能です。
 家庭学習を通して、「稲荷の独習数学」を用いて概要を掴み、テキスト2ページを予習するのです。授業ではポイント講義、演習、小テストを行います。

 数IIB、数IIIでは覚えることが多いので、過去に学んだこととのつながりを確認し続けることが重要だと考えていますが、通常授業ではそれがなかなか難しいのです。
 例えば通常授業の数IIBのクラスでは、今ベクトルを学んでいますが、その分野で出てくる新しい概念の説明に多くの時間が取られます。結局、三角関数、指数、対数関数、数列等の復習をしようと思ってもそれができないのです。小テストをする余裕も基本的にはありません。そうすると、生徒諸君はどんどんと重要事項を忘れて行くのです。

 しかし反転クラスでは、「稲荷の独習数学」を使って、生徒が自ら学んで来るので、その理解を深め、誤解しているところがないかをチェックし、以前学んだことを復習する余裕が生まれるのです。

 断然いいです。

 こういう経緯を見ながら、来年度からは全面的に数IA、数IIB、数IIIの授業を反転形式で行うことに決めました。
 

 
 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。