FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を書くぞ!

 今年はなんでこんなに忙しいのだろう、と考えたとき、テキストの解答のTEX打ちがあったからなどと漠然と思っていたのですが、どうもそうではなさそうです。
 そういうプラスアルファーの仕事はこれまでもありました。
 たとえば本の原稿を作ったり …。
 そうではなく、去年までとはっきり違うことを発見しました。

 長年この仕事をしていると、授業で何を話すかはほぼパターン化されていて、授業の準備と言えば、ちらっとテキストを見ればそれで済むのです。
 重要なことは、誰が授業に参加しているかということです。
 これは授業ごとに変わるし、同じ授業でも、生徒の事情やさまざまと感じていることは毎回変わって行くのです。
 それに対して心の準備をすることが授業では一番大切です。
 ですが、だからといってその準備にそんなに時間がかかるわけではなく、結局、授業の準備には時間がかからないのが普通でした。

 ところが今年は違うのです。
 演習の授業の解答を作ってしまった結果、テキストの問題に対する説明の時間が大幅に短くなりました。その結果、プラスアルファーの演習をするようになり、その準備に追われるようになりました。
 それから反転授業では、授業時間を使ってテキストの問題を解いていたときは、質問に対応するだけだったので、楽だったのですが、テキストの2ページを進めるうちの1ページについては家でやって来るようにと方針転換したところから、忙しくなりました。2時間の授業のうち1時間は話すことになり、何を話すべきかと準備しないといけないようになったのです。
 そしてこの9月からは、テキスト2ページ分を家庭で予習して来ることにしました。
 つまり反転授業の2時間はめいっぱい私がしゃべることになるのです。
 
 実際、木曜日から土曜日は全く余裕がありません。

 いや~ぁ、

 授業の準備に追われていたのか!

 まるで新人教師ですねぇ!
 
 しかし、これは仕方がありません。
 何事も新しいことに挑戦するときは、不測の事態にぶつかりながら、苦しみつつ道を開拓して行かないといけないのです。
 
 しかししかし、これを長く続けてはいけません。
 おそらくあと半年頑張れば、大体のノウハウが完成し、そのあとはスムーズに流れて行くことでしょう。
 そのあとは、いよいよ本を書こうと思います。
 とりあえず3冊書きたいです。
 1つは実戦公式集。
 一つ一つの技術が実際の問題でどのように使われるのかを説明したいと考えています。これさえマスターすれば神戸ぐらいまでの問題は楽々こなせるようになる、というような本が書きたいです。
 次は知識と技術が完成した生徒向けに、どうしたら東大や京大の問題が解けるようになるのかという秘伝をまとめたいと考えています。
 塾の運営上、これは書いてはいけないかも知れませんが …。
 そしてもう一冊、子育ての本が書きたいです。
 ある意味、私の一番重要な仕事です。
 私自身いっぱい失敗して来ましたが、そのなかで得たものも多く、是非伝えたいと思うことがあるのです。

 まあ、頑張ります。

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。