FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たとえ明日世界が滅びいたとしても、私はリンゴの木を植える

 10月になったら坊主になって、煩悩を捨てる、と宣言していた受験生がいますが、いよいよそういう時期ですねぇ!
 必死に自分の課題と向き合いながら、頑張ってほしいです。
 そして、成長している自分を感じ、楽しみつつ前進してほしいです。

 ここで大切なことは、何をしていいか分からないほどに追い込まれないことです。
 追い込まれてしまうと、気持ちもしんどいですし、実際、伸びなくなってしまいます。
 
 たとえ明日世界が滅びたとしても、私はリンゴの木を植える

 これです。
 今できることに集中すべきだし、どこまでも建設的であるべきです。

 そうすると、それまでの過程も大切です。
 稲荷塾では適切な準備をして演習のクラスに入ることができれば、間違いなく伸びます。
 数IA、数IIB、それに理系の場合は数IIIの基礎を固めるのです。
 特に数IIBです。
 しかしそれを支える数IAがぐらぐらしていたら、数IIBの勉強が空回りするので、数IAから手を付けないといけない場合もあります。
 個々に事情が違うので、どの程度の時間がかかるかも個々に違います。
 理想的には「適切な準備」をして、高2で演習1に入れればいいです。
 しかし多くの子は演習1をしながら「適切な準備」をすることになります。そして高3で無理なく演習2に入れるように準備するのです。
 他と比較して進んでいるか遅れているかはあまり重要ではありません。
 自分が、自分のやるべきことをやるかどうかが重要です。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。