FC2ブログ

いっちょやってみるか!

 「頭のいい子には中学受験をさせるな」(メディアイランド)は第3版の増刷になり、出版社にも貢献できたような気がします。
 出版社が本を出すということは奉仕活動ではないので、利益を出さなければなりません(のはずです)。
 本を出してもらって、もし売れなければ、出版社は赤字をかかえることになり、こちらとしても心苦しい状況になります。
 しかし今回、第3版の増刷になったということは、その最低限をクリアしたことだと理解しています。

 そして、

 出版社の方からは、
「エッセー第3弾を出しませんか?」
というオファーをいただきました。

 イエ~ィ!

 「独習 高校数学」の方の仕事も一段落したので、10月8日に懇談会が終了すれば、ちょっと本格的に考えてみようと思います。
 Carmelia に日本に来てもらったときの苦労話なんかはとても面白く、それとA会話の内容をくっつけたようなものもいいかも知れませんし、子育てをテーマにしたエッセーも、日ごろ感じたり、考えている自分のカラーが出しやすいようにも思います。
 しかし、「売れる」ような内容にしないといけないし、できれば稲荷塾をプロモートできるものであれば一石二鳥です。
 まだ真剣に考えていないので、ぼぅっとしたアイディアしか浮かんできませんが、楽しい思考は既に始っています。

 それから、中井さんに力を貸してもらって、自営業から脱出することとか、優秀な人材を雇って、業務を充実させ、拡大することなどをこれからの課題として取り組むと宣言していますが、これも真剣に考えないといけない内容です。
 
 誰だったかの本に(大前研一だったような気がします)、10%とか20%とかのけちな成長を考えるのではなく、300倍、つまり30000%の成長を目指して発想するべしという一句があり、衝撃を受けた記憶があります。
 
 いっちょやってみようかなぁ!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR