FC2ブログ

確かだと思えることについて

 1週間ほどしんどかったのですが、遂にダウン。
 どうも風邪ですねぇ …。
 1日のんびりして回復することを期待します。

 さて、 Facebook の友達が grape というサイトから面白い図を紹介していました。


safe_image.jpg

 この白黒の線ですが、私には1本のつながった螺旋に見えるのですが、どこかに印をつけて、そこから線をずっと辿って行ってください。
 
 すると、

 何と、もとの点に戻ります。
 「どういうこと?!」
 私も叫びましたが、これをした人は必ず、例外なく同じように叫びます。
 娘も叫びました。
 家内も叫びました。
 それからチューターの原田君も叫びました。
 つまり、これは1本、1本の独立した円が描いてあるだけなのです。

 いや~ぁ、

 すごいですねぇ!
 完全に騙されました。
 
 しかしその後、いろんなことを考えさせられました。
 人間が、「明らかだ」と考えることの中に、実は間違っているということがいっぱいあるのかも知れないということですから …。
 私もいろんな主張をしていますが、全く正反対の意見を持っている人もいるわけです。
 人と人が争うとき、大概、相手の非のみが目に付きます。
 国と国でもそうです。
 宗教と宗教でもそうです。
 これを超えるパラダイムシフトは起こせるのだろうか?
 双方が納得し合えるような共通基盤などというものが存在するのだろうか?
 
 まあ、私はあると信じたいですねぇ!
 そして10年、20年、あるいは100年、200年という単位で見れば、いい方向に向かって行くと信じたいす!
 
 そのために、今、仮に少数派だったとしても、確かだと思えることを探求し続けたいと思います。
 同時に、確かだと思えることが、意外と不確かであることも確認しつつ …。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR