スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sully

 久し振りの家内とのデート。

14517615_1031457700306011_4921041277136411381_n.jpg

 トムハンクス主演の「ハドソン川の奇跡」(原題 Sully)を観て来ました。

 いや~ぁ、

 良かったですねぇ!
 でも、クリントイーストウッドってすごいですねぇ!
 80は越えているはずですから、そこでのこの創作意欲、すごいエネルギーです。
 それにいい内容でした。
 
 さあ、仕事仕事!

たとえ明日世界が滅びいたとしても、私はリンゴの木を植える

 10月になったら坊主になって、煩悩を捨てる、と宣言していた受験生がいますが、いよいよそういう時期ですねぇ!
 必死に自分の課題と向き合いながら、頑張ってほしいです。
 そして、成長している自分を感じ、楽しみつつ前進してほしいです。

 ここで大切なことは、何をしていいか分からないほどに追い込まれないことです。
 追い込まれてしまうと、気持ちもしんどいですし、実際、伸びなくなってしまいます。
 
 たとえ明日世界が滅びたとしても、私はリンゴの木を植える

 これです。
 今できることに集中すべきだし、どこまでも建設的であるべきです。

 そうすると、それまでの過程も大切です。
 稲荷塾では適切な準備をして演習のクラスに入ることができれば、間違いなく伸びます。
 数IA、数IIB、それに理系の場合は数IIIの基礎を固めるのです。
 特に数IIBです。
 しかしそれを支える数IAがぐらぐらしていたら、数IIBの勉強が空回りするので、数IAから手を付けないといけない場合もあります。
 個々に事情が違うので、どの程度の時間がかかるかも個々に違います。
 理想的には「適切な準備」をして、高2で演習1に入れればいいです。
 しかし多くの子は演習1をしながら「適切な準備」をすることになります。そして高3で無理なく演習2に入れるように準備するのです。
 他と比較して進んでいるか遅れているかはあまり重要ではありません。
 自分が、自分のやるべきことをやるかどうかが重要です。

 

末安テニス

 朝、長岡天神公園にコートの予約に行ったら、友人が息子君(小学3年生)のサッカーの練習を観ていたので、思わず話し込んでしまいました。
 彼は元実業団(NTT)の軟式テニスの選手で、その後硬式に転向しました。
 体格もすごいのですが、何と言っても、軟式を究めただけあって、ちょっと普通のプレーヤーではありません。
 特にサーブやスマッシュは、まるで象が鼻でひっぱたくような感じで、とんでもないスピードが出ます。
 まあ、彼にとって硬式はあくまで遊びなので試合などには出ていませんが、かなり魅力的なプレーヤーだと言えるでしょう。
 
 で、今日は状況の影響で、サッカーの話もたくさんしましたが、やはり最後はテニスの話題になるんですねぇ。
 その中で、彼が横浜勤務だったときに習った末安さんというコーチのことがおもしろかったです。
 帰宅後さっそく YouTube を検索して末安さんのビデオを観ました。
  
 そしたら、びっくり。

 以前、西村コーチが観るようにと勧めてくれたビデオだったのです。
 
 今回はしっかり観ました。
 むむむむ …。
 ひょっとしたら私のサーブが変わるかも知れない、と期待しています。
 次の練習が楽しみです。

覚悟を決めよ

 ホームページのリニューアルの完成が近いと何度もお知らせして来ましたが、いよいよです。
 来週中には新しいホームページに移行することになると思います。
 そうすると、このブログもそちらの方に移動することになります。

 個人的には、このFC2ブログに愛着心が強く、ちょっと寂しい面もあります。
 もう、いつから始めたのかがはっきりしなくなりましたが、4年でしょうか …。
 その間、徐々にランキングを上げ、今は塾予備校部門で1200以上の登録ブログ中、大体6位から9位の間をうろうろしています。
 これを毎日チェックするのが楽しいのです。

 でも、今後はホームページをアクティブにする必要があり、これまではほとんど手入れをしていなかったのを改善して行こうと考えています。
 ブログをホームページで運営するのもその一環です。

 そういうことですので、そのときが来たら、新ブログもお気に入りに入れて、継続して読んでいただければありがたいです。

 さて、稲荷塾では授業を休んでしまったときには、個別で補習することにしています。
 そうすると、全体の中で見ていたことよりももっと細かいところが見えて来ます。
 
 つい最近も、大体ついて来ているのだろうと思っていた子が大苦戦していることが判明しました。
 そういう場合、その子が小学生か中1で中学数学のクラスに所属しているのであれば、無理に頑張らせるのではなく、自分に合った塾を選ぶように勧めることにしています。
 しかし、その子が高校数学に入っていて、特に何らかの目標をもって勉強しようとしているのであれば、もう一度覚悟を固めるように迫ります。
 もちろん乗り越えられないこともあります。
 そういう場合は、自分に合った方法を探せばいいでしょう。

 ですが、

 本気になれば、大概、道は拓かれるようになっています。
 そして、一旦無理だと思ってあきらめかけた壁を乗り越えた経験をしたら、その子は強い子になります。

その道は険しいなぁ

 昨日のオータムは第3シードに5-8で競り負けました。
 思えば思うほどに勝たないといけない相手だっただけに、自分の弱さが情けないです。
 良かった点は、練習の方向がはっきりしたことでしょうか。
 再度出発します。

 昨日息子はスパイダーマンと付き合って、和歌山の博物館まで行って来ました。そこにスパイダーマンの師匠がいるとのことで、会いに行ったわけです。
 その道に通じた人の話が聞けて、とても得るものが大きかったようです。
 まあしかし、帰って来るのも遅かったし、かなり疲れたようです。

 そして今日は、ともにへとへとで臨んだニッシーレッスン。
 その割にいいプレーができました。
 しかし課題の克服には時間がかかりそうです。
 まあ、じっくり取り組むことにします。


14359082_1028030877315360_3620986476088230062_n.jpg

 
プロフィール

inarijuku

Author:inarijuku
稲荷塾について
東大・京大受験のための数学専門塾

著書:
稲荷の独習数学
教学社 




頭のいい子には中学受験をさせるな
メディアイランド




驚きの東大合格率
小さな数学塾のヒミツ
東洋出版

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。